店舗集客に活かすホームページの作り方〜掲載する内容などを解説〜

公開日:2023.02.09 更新日:2023.09.26

店舗集客にホームページを活用するのはメリットとデメリットがあります。

メリットを活かし、なおかつデメリットに対策ができるならば、ホームページを活用した店舗集客の効果が期待できます。

この記事では具体的にどのようなメリット、デメリットがあり、実際にどのような情報を掲載する必要があるのかを中心にご説明いたします。

メリット

  • 競合店との差別化につながる(ポータルサイトよりもデザインの自由度が高い)
  • 顧客からの信頼を得やすい(様々な情報を伝えることで信頼感につながる)
  • 効率的に集客できる(コストを抑えつつ集客できる)

デメリット

  • 制作や管理の手間や負担がある(ノウハウがない場合は外注を考える)
  • 一定のコストがかかる(サーバーやドメインなどの費用、外注費がかかる)
  • SEO対策などが必要(店舗が検索されるための対策が必要となる)

店舗集客に活かせるホームページの作り方

ここからは店舗集客に活かせるホームページの作り方を解説します。本項で取り上げる2点に着目してホームページを作りましょう。

コンセプトやターゲットを明確にする

店舗の開業時と同様でホームページを作る際も、コンセプトやターゲットを明確にする必要があります。店舗のコンセプトをホームページに反映しデザインに落とし込んでください。

また、店舗運営のターゲットに的確に情報発信をすることも大事です。例えば、若者向けの雑貨店ならばカラフルな色合にしたり動くバナーなどで遊び心を出したりしましょう。

高級志向の飲食店ならば黒などの色合いを取り入れて最小限の情報量に絞ると上品さが伝わりやすいです。このようなホームページのデザインはコンセプトやターゲットが明確になることで定まります。

競合サイト・競合店舗との差別化を意識する

次は競合サイトや競合店舗との差別化を意識します。競合サイトに掲載されていない情報を載せたり、そもそもデザインをがらりと変えたりしてみましょう。
また、継続的にコンテンツを更新することで、競合サイトから得られない情報を顧客に提供できます。

ホームページに掲載する内容

ホームページのデザインの大枠が決まったら、掲載する内容を決めましょう。本項では店舗情報として最低限、掲載したい7項目をご紹介します。

店舗のコンセプト

店舗コンセプトはトップページにわかりやすく掲載してください。短文で簡潔に表現することがポイントです。理由は顧客の印象に残りやすいからです。
また、自店舗を利用する際のおすすめシーンを提案することも有効です。利用におすすめのシーンがわかると、顧客が具体的にイメージしやすくなります。

内外装などの写真

次は内外装などの写真の掲載です。店舗の雰囲気を顧客に伝え、競合店との差別化につながります。近年は「インスタ映え」などの用語があるように、できるだけ見栄えのいい写真の掲載が求められます。
撮影や編集のスキルに不安がある際は、プロのカメラマンなどに依頼することも検討しましょう。

商品やメニューの写真やテキスト

店舗の売りでもある商品やメニュー、サービスの写真なども掲載してください。内外装と同様で撮影や編集のスキルに不安があるならば、プロに依頼しましょう。

営業日時

店舗の営業日時を記載することで、機会損失を防ぎ、集客や売上げにつながります。また、飲食店ならばラストオーダーの時刻を記載すると、入店の予定が立てやすいでしょう。

従業員の紹介

店舗の従業員の紹介ページを作ることで、顧客がより親近感を抱きます。従業員の顔写真があれば、店舗の雰囲気もわかってもらえるでしょう。ただし、従業員によっては顔出しを好まない場合があるため、無理に掲載を迫ることを避けてください。

予約フォームや問い合わせフォーム

予約フォームや問い合わせフォームがあると、顧客は営業時間を気にせず行動が起こせます。電話対応にできるだけリソースを割きたくない場合は、予約フォームや問い合わせフォームを設置しましょう。

お客様の声

顧客自身の生の声は、宣伝効果が期待できます。利用した(購入した)顧客がからの「○○は美味しかった!」「△△は便利な商品!」などの声を掲載することで、信頼感が高まるからです。ただし、顧客の声を集めるためのアンケート調査などを実施する必要があります。

店舗集客でホームページと併用して行うこと

ホームページの運営で集客力が安定するまでには、一定の時間が必要なケースがあります。そこで、併用したいのがSNSです。
TwitterやInstagram、YouTubeなどさまざまなツールを活用して自店舗の情報発信をすると集客力の向上が図れます。また、顧客が良い口コミをSNSで発信すると、拡散力によって多くの集客が期待できるでしょう。
一方でSNSの拡散力の強さから悪い口コミも瞬時に広がる可能性があります。悪い口コミが発生しないような店舗運営はもとより、いたずらに悪評が増えないために細心の注意を払いながら活用することが大事です。
有料級!新規集客力がUPするMEO・クチコミお役立ち資料集

店舗集客のためのホームページを作ろう

店舗の集客を考えた際はホームページの運用が有効です。自店舗の魅力を余すことなく伝えられるデザインを検討てください。リソースが足りない場合は外注を視野に入れ、効率よくホームページを制作・管理していきましょう。

ロカオプではGBPの最適化、運用代行も行っております。
資料請求はこちら↓

Google Premier Partnerであるロカオプが店舗集客(MEO・口コミ対策)を総合支援!

資料ダウンロード

ロカオプとは / ロカオプ機能について/ 料金表について

お電話でのお問い合わせ

0120-439-156
10:00〜19:00(土日祝休)

\この記事が良かったらシェアお願いします/

この記事を書いたライター

h.fukushima

243views

あわせて読みたい記事

TOP