Googleマップで自店舗が表示されない?原因・対処方法について解説

公開日:2023.11.28 更新日:2023.12.13

Googleマップで自店舗が表示されないときはどうすればよいでしょう。

Googleマップは、今や地図アプリNo.1シェアを誇る巨大プラットフォーム。

今後の店舗集客においては、GoogleマップをはじめとしたWeb上の店舗の見え方がより大切になってきます。

しかし、Googleマップで自店舗を表示させるためには、いくつかの条件があります。

「自店舗をGoogleマップで検索したのに、検索結果に表示されない・・・」

「そもそも、自店舗がGoogleマップに登録されていない・・・」

そんなお悩みをお持ちの方は、本記事をご覧ください。

今回は、Googleマップで自店舗が表示されない原因と、それに対する実用的な対処方法について解説します。

Googleマップに店舗が表示されない主な原因

Googleマップに店舗が表示されない主な原因としては、以下の4点が考えられます。

    • ・Googleビジネスプロフィールアカウントが登録されていない
    • ・オーナー確認が完了していない
    • ・店舗情報に誤りや不足がある
    • ・Googleのガイドライン違反に該当している

    本項では、それぞれの原因と、その対策方法について解説していきます。

    Googleビジネスプロフィールアカウントが登録されていない

    自店舗をGoogleマップに表示させるためには、Googleビジネスプロフィールアカウントの登録が必要です。

    登録のための詳しい手順は、Googleビジネスプロフィール ヘルプをご参照ください。

     

    Googleビジネスプロフィールアカウントを登録し、Googleの審査を通過すると、Googleマップにビジネスプロフィールが表示されるようになります。

    ※ビジネスプロフィールは、審査が完了するまでは公開されません。

     

    ビジネスの確認(審査)にかかる時間は場合によってまちまちですが、最長で5営業日ほどかかります。

    オーナー確認が完了していない

    Googleビジネスプロフィールを登録している場合であっても、オーナー確認が完了していない場合には、ビジネスプロフィールが表示されないことがあります。

    オーナー確認手続きの手順などについては、以下記事で詳しく紹介しています。

     

    参考:Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)のオーナー確認はお済ですか?オーナー確認の重要性、確認の方法を徹底解説

     

    オーナー確認の重要性、確認の方法を徹底解説 オーナー確認手続きは、場合によっては20日以上の期間を要します。

    自店舗のビジネスプロフィールのオーナー確認がお済みでない方は、早めにオーナー確認手続きを行うことをおすすめします。

    店舗情報に誤りや不足がある

    Googleビジネスプロフィールに登録した店舗情報に誤りや不足があった場合は、自店舗が表示されない場合があります。

    また、Googleマップ上に店舗が表示されていたとしても、店舗情報が不足していては、検索ワードとの関連性が認められなかったり、表示順位の優先度が下げられてしまう場合もあります。

     

    Googleのガイドライン違反に該当している

    ビジネスプロフィールがGoogleのガイドラインに抵触している場合、ペナルティとしてビジネスプロフィールが停止されることがあります。

    よくあるガイドライン違反の例として、以下のようなものが挙げられます。

    クチコミ書き込みに対する報酬を提供している

    ユーザーが報酬目的でクチコミを投稿するようになると、クチコミの信憑性が損われることにも繋がります。クチコミに対する報酬の提供がガイドライン違反であることは広く認知されていないため、悪気はなくとも、ユーザーの書き込んだクチコミによって公にされるケースも少なくはありません。

    不適切なコンテンツを掲載している

    ヘイトスピーチ、ハラスメントを含む内容のほか、アルコール・ギャンブル・医療機器や健康機器に関するコンテンツの記載は制限されています。 ビジネスプロフィールアカウント管理者の方は、制限されているコンテンツ の項目を確認することをおすすめします。

    説明欄に宣伝・キャンペーン情報を掲載している

    宣伝または営利目的のコンテンツのほか、メールアドレスや電話番号、他ウェブサイトへのリンクをビジネスの説明欄には含められません。

    たとえば、「すべて 50% 引き」、「地元で一番人気のベーグルが 500 円!」などのフレーズは使用できません。

     

    参考:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

     

    Googleマップの検索順位を改善する

    MEOアルゴリズムに基づいて対策

    Googleマップの検索エンジンは、「関連性」「距離」「視認性の高さ」という3つの軸をもとにしたアルゴリズムによって、検索結果の表示順位を決定しています。

    このMEOアルゴリズムについてあらかじめ知っておくと、MEO対策の方針が立てやすくなります。

    MEOアルゴリズムについて、以下記事にて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

     

    参考:Googleマップの表示順位はどうやって決まるの?MEOアルゴリズムについて解説!

    有料級!新規集客力がUPするMEO・クチコミお役立ち資料集

    まとめ

    本記事では、Googleマップで自店舗が表示されないときに考えられる原因と、その対応策について解説しました。

    すべてのGoogleビジネスプロフィール運用者に共通して言えることとして、まずはGoogleビジネスプロフィールに登録し、必要な情報を正確に入力し、オーナー確認を完了させることが重要です。

    それでも問題が解決しない場合は、Googleビジネスプロフィールのサポートに問い合わせることをおすすめします。

    この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

     

    ロカオプでは、MEO対策によるマップ順位向上や、サイト制作システム、アンケートによるクチコミ獲得促進が可能です。

    本記事で紹介したMEO対策だけでなく、幅広くWeb集客施策を支援することができますので、ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

     

    ▼▼▼資料請求はこちらから▼▼▼

資料ダウンロード

ロカオプとは / ロカオプ機能について/ 料金表について

お電話でのお問い合わせ

0120-439-156
10:00〜19:00(土日祝休)

\この記事が良かったらシェアお願いします/

この記事を書いたライター

nishimura

5078views

香川県在住。株式会社ロカオプに新卒入社し只今マーケティングの勉強中。趣味は一人カラオケです。

TOP