Webサービスを活用した店舗集客の方法5選を徹底解説!

公開日:2023.03.07 更新日:2023.11.28

「うちの店舗もWebを使った集客方法に移行したい。」
「Webを使った集客方法にはどのようなものがあるの?」
以上のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?

この記事では

・店舗集客にWebサービスが欠かせない理由
・Webサービスを活用した店舗集客の方法5選

について解説していきます。

この記事を読めばWebサービスを使った集客店舗のポイントについてひととおりの理解ができるようになるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

なぜ店舗集客にWebサービスの活用が重要なのか?

顧客の購買行動がオンライン化してきているため

数年前と比べて顧客の購買行動がオンライン化したことにより、消費者はスマートフォンでインターネットを検索してWebサイトやアプリを使用するようになりました。行きたいお店について調べたりするときは、検索エンジンを使って店舗情報を調べたり、地図アプリを使用するのは当たり前のことになってきています。

極端な話をすればその状況下ではつまり、インターネット上で検索対象が見つからなければその店舗は消費者にとって「存在していないもの」とみなされるということになります。顧客を効率的に獲得するにはWebによる集客はマストなのです。

紙媒体よりも多くの人に情報が届くため

Webサービスは紙媒体よりも多くの人に情報を届けることが可能です。文字数に縛りのある紙媒体よりも柔軟性があり、情報量を豊富に取り入れることができるため、目を引くコンテンツ作成には向いている手法といえます。

また、特定の購買層に向けた詳細なリサーチを行えば、狙った層に対してメッセージを訴求することができるためピンポイントな集客ができます。文字数や画像の多寡による視覚効果の調整が比較的簡単に変更可能で、誰に見せるかという点にフォーカスしているので、より高精度な宣伝効果を見込むことが可能となります。

初期費用がそれほどかからないため

Web集客の特徴の一つに、低価格からでも始めやすいという点があります。検索エンジン上で不特定多数のユーザーに向けてWeb広告を2,000回表示させる場合は1,000円程度の費用で済みますが、紙媒体の掲載費用の相場は、フリーペーパー折り込み1枚につき3円、新聞折り込みであればおよそ3.5円となっています。

仮にターゲットを都市部の地区単位に世帯ごと細かく分けて配布を終わらせたとしても、Web集客に比べて発生するコストと費用対効果は雲泥の差となります。
WEB集客

店舗集客の成功率を上げるためのポイント

商圏の範囲を決める

まずは商圏の範囲を決める必要があります。たとえば、対象の店舗から数十キロ圏内の家に対象を絞って広告を打てば、無造作に数を打つよりも効率的な集客が見込めるようになります。

商圏の範囲外の家にアプローチをしても対象店舗には来店してもらえず店舗集客にはつながらない可能性があるため、あらかじめ商圏の範囲は明確にしておきましょう。

顧客のターゲットを決める

次に顧客のターゲットを決定します。自社店舗のメインターゲットとなりうる層に刺さるメッセージを訴求すれば、より効率の良いアプローチが可能です。

事前にアプローチするターゲット層が明確になれば、取るべき戦略も明らかになります。その結果、必要最低限のコストで集客力の向上を見込むことが可能です。

手法の展開、分析と改善を定期的に行う

戦略に沿った集客手段を一度実施しただけでは、いきなり結果に結びつくわけではありません。集客は実践し改良を加えることによって、段階的に効果を実感できるものです。

集客手段を実践する前と後で、売上がどの程度変わったのかを一目でわかるようにしておきましょう。分析と改善を定期的に行うことによって、費用対効果の確認や手法を継続すべきかの判断ができます。特に思ったほどの成果が見込めなかった時ほど、原因を分析するようにしましょう。

店舗集客におすすめなWebサービス5選

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は、Googleなどの検索エンジンでユーザーが店舗に関する情報、または関連キーワードで検索した際に対象店舗に関するWebサイトを上位表示させるための手法です。

サイトの利便性を高めることも上位表示には欠かせない要素になっており、近年はスマートフォンやパソコンを使ってインターネットを閲覧するユーザーが増えていることから、検索エンジンへの上位表示はダイレクトに集客に結び付く可能性が高くなります。

MEO

MEO(Map Engine Optimization)とは「マップエンジン最適化」「ローカルSEO」とも呼ばれ、Googleマップの検索結果に対象店舗を上位表示させるための手法です。

よく知られるSEO対策に比べると検索対象となる競合が少ない点が特徴となっています。Googleマップを利用するユーザーは「店舗の情報を知りたい」という明確な意図があるため、地域性が高いことから集客効果の高いサービスとして注目を呼んでいます。

Web広告

Web広告はサイト運用に関する知識が求められる手法ではありますが、期間限定のイベントなどで高い効果を発揮することもあります。ターゲットが明確であれば十分に施策として取り入れる価値はあるでしょう。

Web広告の手法としては、検索キーワードの内容によって対象店舗や付随商品に関する広告を表示させる「検索連動型広告」などがあります。

検索ユーザーが広告をクリックするごとに費用が発生するため、広告費を多めに見積もっておく必要はあり、広告の出現するタイミングによっては効果にバラつきが出るため、定期的な広告設定の見直しが必要になる点は念頭に置いておきましょう。

SNS

自店舗に関する情報をSNSで発信することも、店舗集客につながる場合があります。すでに多くの利用客がいれば、広告費がかからない点がメリットとなります。

高評価やシェアが広がれば短期間で爆発的に情報が広がる可能性がありますが、そのレベルに到達するためには多数のフォロワーを集めたり、何千万回以上も再生されるようなバズるコンテンツを配信する必要があります。

軌道に乗れば強力な集客ツールとなりますが、軌道に乗るまでに時間が必要になることを理解したうえでじっくりと取り組むものであることを理解しましょう。

ポータルサイト

ポータルサイトに店舗情報を掲載し、集客をかけるのも有効な手段です。たとえば美容室を利用する際の「楽天ビューティー」「ホットペッパービューティー」などがポータルサイトの部類にあたります。

訪問ユーザーに対して直接アプローチが可能で、検索エンジンにおいて検索漏れとなった場合も、潜在層に対して情報提供ができる点がメリットです。

ただし店舗情報の掲載は有料で、同業他社が乱立している場合は自社の店舗情報が埋もれるケースも想定する必要があります。ポータルサイトを利用する際はコスパの良さを見極める必要があるでしょう。
有料級!新規集客力がUPするMEO・クチコミお役立ち資料集

まとめ

最近の消費者の購買行動がオンライン化してきたことをはじめ、店舗集客においてWebサービスの利用は欠かせないものになりました。特定のターゲットを狙った無駄のない集客が同業他社との差別化を図る要素となっています。

Webサービスの活用は自社のみですべてまかなってしまうと時間と費用だけが浪費され、思うような効果が得られないことがあります。集客の方向性が固まった時点でWebサービス戦略が得意な業者に外注をかけるのもひとつの手段となるでしょう。

Google Premier Partnerであるロカオプが店舗集客(MEO・口コミ対策)を総合支援!

資料ダウンロード

ロカオプとは / ロカオプ機能について/ 料金表について

お電話でのお問い合わせ

0120-439-156
10:00〜19:00(土日祝休)

\この記事が良かったらシェアお願いします/

この記事を書いたライター

ロカプー

352views

ローカルエリアマーケティングに関連する情報をカスタマーサクセス事業部が発信していきます。 ロカオプサービス全般(MEO・ローカルSEO運用に関する情報、Web広告、コンサルティングなど)、導入事例やお役立ち情報も随時更新!

TOP