Googleマップの表示順位が低い?自力で集客できるMEO対策を紹介!

公開日:2024.02.26 更新日:2024.02.26

はじめに

「自力でMEO対策(Googleマップ対策)をして、集客成果を上げたい。」

「でも、何から始めればいいのかがわからない・・・。」

本記事では、そのようなお悩みをお持ちの方のために、

 

・MEO対策(Googleマップ対策)を集客に繋げるためのポイント

・自力でできるMEO対策施策

・各MEO施策の対策優先順位

 

をお伝えします。 本記事を読むことで、MEO対策(Googleマップ対策)を通じて集客効果の向上に繋げる道筋が理解できます。

 

自力でMEO対策(Googleマップ対策)を始めたい!という方は、是非ともご一読ください。

 

MEO対策(Googleマップ対策)の重要ポイント

一般的にMEO対策(Googleマップ対策)は、Googleマップやローカル検索結果での表示順位を上げることでビジネス情報の露出を増やし、集客成果の向上に繋げます。

 

そのため、基本的なMEO施策は、Googleのアルゴリズムに対しての最適化を施し、対策したいキーワードにおけるGoogleマップ検索やローカル検索での表示順位をアップさせることが重要となります。

 

しかし、MEO対策(Googleマップ対策)を通じて集客に繋げることが目的であれば、Googleマップ検索やローカル検索での表示順位の向上以外にも目を向ける必要があります。

 

MEO対策(Googleマップ対策)によって集客成果向上に繋げるための要点は、2つあります。

 

一つは、表示順位向上のための「アルゴリズムへの最適化」

そしてもう一つは、「ユーザー(お客様)に選ばれやすくするための対策」となります。

 

MEO対策(Googleマップ対策)では、 「アルゴリズムへの最適化」によって、ビジネスの情報がお客様の目に届きやすい状態を整え、その上で競合と比較された際に選ばれやすくすることで、 Googleビジネスプロフィールの秘めた集客力をフルに発揮できます。

 

アルゴリズムに対して最適化を行う

MEOアルゴリズムに対して最適化を行う

検索向上のために行うアルゴリズムに対する最適化では、以下の二点を意識します。

 

関連性の向上

Googleの検索アルゴリズムは、ユーザーの検索意図にあった情報を提供することを重要視しています。

逆に言えば、自社ビジネスの情報がユーザーの検索行動に関連していると判断されなければ、検索結果での上位表示は見込めません。

そのため、対策したいキーワードと自社ビジネスの関連性をGoogleのアルゴリズムに認識させることが重要です。

MEO対策においては、適切にビジネスプロフィールを設定したり、クチコミや新着投稿に対策キーワードを含めることで、関連性を高めることが可能です。

 

認知度の向上

この認知度は、「オンラインでの認知度」と、「オフラインでの認知度」を意味します。

Googleのローカル検索アルゴリズムでは、より認知されているビジネスプロフィールや建造物が上位表示されやすくなります。

オンラインでの認知度では、SNSやホームページ、クチコミ、サイテーション(web上での引用)など、web上での認知度が考慮されます。

オフラインの認知度では、ランドマークになる建造物や観光名所、有名ブランドの店舗など、オフラインでの知名度の高さが考慮されます。

オフラインの認知度を自力で上げることは難しいですが、オンラインの認知度に関しては、クチコミ獲得やSEO対策によって評価を上げることが可能です。

 

以下記事にて、Googleマップのアルゴリズム(MEOアルゴリズム)について詳しく解説しています。

▶Googleマップの表示順位はどうやって決まるの?MEOアルゴリズムについて解説!

 

競合と比較して選ばれるための対策

Googleマップ(ローカル検索)での表示順位向上の次には、ユーザー(人間)からの評価を改善し、数あるビジネスの中から自社を選んでもらえる確率を上げるための対策を施します。

 

ビジネスプロフィールの機能を活用して、ユーザーが来店の際に参照する情報を充実させたり、コミュニケーションを促進することで店舗のイメージアップに繋げます。

 

店舗に対するユーザーから好感度が向上すると、新規顧客の増加だけでなく、リピーターの増加も期待できます。

 

店舗に対する好感度の高い新規顧客やリピーターは、好意的なクチコミを投稿してくれる可能性も高く、MEO対策(Googleマップ対策)にさらなる好循環をもたらします。

 

ビジネスプロフィールを活用してユーザーからの評価や好感度を高めるためには、以下の2点を意識しましょう。

 

顧客が参照する情報を充実させる

Googleビジネスプロフィールの基本情報や新着投稿、写真の投稿などの機能をフル活用して、ビジネスプロフィールから参照できる店舗情報を充実させましょう。

 

ユーザーが店舗選びの際に参照する情報が充実すると、店舗のサービスや商品について詳細にイメージできるので、新規ユーザーの来店ハードルを下げ、実際に来店した後のイメージのギャップを減らす効果も期待できます。

 

さらに、Googleビジネスプロフィールでは、SNSやwebサイトのリンク設定が可能です。 リンク設定を行うことで、SNSやwebサイトを通じてさらに充実した情報を提供することが可能になります。

 

SNSのリンク設定方法については、以下記事にて紹介しています!

▶SNSのリンク設定が可能に!正しく設定する方法とメリットを解説!【Googleビジネスプロフィール】

 

顧客との直接コミュニケーションを増やす

ビジネスプロフィールの機能やSNSを活用して、顧客との直接の接点を増やしましょう。

 

直接コミュニケーションを増やすことで、実際にコミュニケーションをとったユーザーだけでなく、そのやりとりを閲覧する第三者からの好感度アップも期待できます。

 

また、ユーザーと店舗の心理的な距離が縮まることで、クチコミ投稿やお問い合わせなどのフィードバックをより受けやすくなる効果が期待できます。

 

MEO対策(Googleマップ対策)において、顧客との関係値構築に役立つ直接コミュニケーション手段には、以下のようなものがあります。

    • クチコミ返信
    • ビジネスプロフィールのチャット機能
    • SNS

中でもクチコミ返信やSNSによるユーザーとのやりとりは、第三者も閲覧します。

 

1対1のやりとりを通じて、店舗の真摯な対応やキャラクターを大勢にアピールすることも可能です。

 

一方、ビジネスプロフィールのチャット機能は第三者には閲覧できない1対1のコミュニケーションになりますので、そのやりとりを第三者にアピールすることはできません。

 

しかし、クローズドの性質を活かしてお問い合わせ窓口として活用することもでき、商品やサービスに対するフィードバックを得るだけでなく、商品の購入や契約の受注にもつながる場合があります。

 

弊社のお客様の中にも、実際にチャット機能から住宅の受注に繋がったという成功事例があります。

 

以下記事で、チャット機能を有効にするメリットについて さらに詳しく解説しています!

▶GoogleビジネスプロフィールのチャットをONにするメリットを解説!

 

 

MEO対策方法を紹介

本項では、前述した要点をふまえて、実際に集客に繋げるためのMEO対策方法をご紹介します。

 

検索順位向上のための施策

MEO検索順位向上

対策キーワードを設定する

例えば新宿にある焼き鳥屋さんであれば「新宿 焼き鳥」「新宿 宴会」「新宿 接待」「新宿 居酒屋」などの対策キーワードを設定します。

 

実際のローカル検索で使用されるキーワードを選定し、順位の変動を監視していくことが重要です。

 

設定したキーワードを、ビジネス説明、クチコミ返信、新着投稿に含めることで、ユーザーのローカル検索との関連性の評価を改善していきます。

オーナー確認を行う

クチコミ返信などの施策を実施する前に、まずはGoogleビジネスプロフィールのオーナー確認が完了しているかを確認しましょう。

 

ビジネスプロフィールのオーナー確認が完了すると、クチコミの返信や、新着投稿などの機能が使用可能になります。

 

オーナー確認制度について、詳しくは以下の記事で紹介しています。

▶Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)のオーナー確認はお済ですか?オーナー確認の重要性、確認の方法を徹底解説

 

基本設定を見直す

以下をふまえながら、ビジネスの基本設定を最適化します。

 

ビジネスの名前を正しく設定する・・・Googleのガイドラインに違反する可能性がありますので、ビジネス名には、ビル名や住所、訴求ワードなど、屋号に含まれていないワードを入れてはいけません。

 

NAP情報の統一・・・ビジネス名(Name)、住所(Address)、電話番号(Phone)といった基本情報の表記を、webサイトやSNSの表記と統一させます。

これによって、各々の媒体に登録された情報が紐づけられやすくなり、web上を巡回するGoogleのAI(クローラー)に対して正しいビジネス情報を認識させることが可能です。

 

ビジネスカテゴリの見直し・・・適切なビジネスカテゴリが設定されていないと、対策キーワードとの関連性の評価が下がる可能性があります。

 

キーワードを含めたビジネス説明の記載・・・関連キーワードや対策キーワードを含めた説明を設定すると、Googleがビジネスの内容をより詳細に認識できるようになり、ローカル検索に対する関連度の評価を高めやすくなります。

 

ユーザーに選ばれるための施策

MEOでユーザーに選ばれる

クチコミ管理を行う

クチコミ内容や評価はユーザーのお店選びに強く影響する情報です。

 

クチコミ管理では、クチコミ返信を徹底することで、ユーザーの目に映るビジネスの印象を底上げします。

 

可能であれば、未返信のクチコミが(半年以内で)0の状態をキープすることが望ましいです。

 

クチコミ返信を行うことのメリットは非常に多く、ユーザーから見た印象をアップさせるだけでなく、前述した関連性の評価を向上させることにも役立ちます。

 

詳しくは、以下記事にて解説しています。

▶Googleビジネスプロフィールのクチコミ返信のポイントやメリットを解説!

 

 

他にも、声かけやポップを活用してクチコミ獲得数増加を促したり、お客様の声(フィードバック)を実際にサービスや商品の改善に活かすことで、自然と高評価を得やすい状態を作ることで、クチコミの評価は次第に改善されていきます。

 

※クチコミ収集では、ガイドライン違反にご注意ください。

 

クチコミ投稿をお願いすること自体は問題ありませんが、「クチコミの対価を提供してはいけない」ことと、「意図的に高評価のレビューのみを収集してはいけない」という、2点に気をつける必要があります。

 

詳しくはこちらの記事にて解説しています。 

▶Googleマップの表示順位はどうやって決まるの?MEOアルゴリズムについて解説!

 

新着投稿を行う

Googleビジネスプロフィールの新着投稿を行うことで、ビジネスプロフィールを閲覧するユーザーに対して、鮮度の高い情報を周知できます。

 

また、対策したいキーワードを含めた新着投稿を行うことで、重要キーワードとの関連性の評価向上を狙えるというメリットがあります。

 

新着投稿機能は、最新情報の周知の他にも、イベントの告知や、クーポンを発行できる特典の記載にも対応しています。

 

しかし、いずれの機能も表示期間が限定されていますので、可能であれば週1回から月1回の頻度で、定期的に投稿しましょう。

 

 

対策の優先順位は?

MEO対策が集客に影響する流れ

これまでに紹介したMEO対策(Googleマップ対策)施策には、優先順位が存在します。

 

まず、これらのMEO対策(Googleマップ対策)施策の最終目的は、

 

1.アルゴリズムに対して最適化して露出を増やすことで、ユーザーの目に入る機会を増やす。

2.競合に先んじて選ばれるようにビジネスプロフィールの情報を充実させ、差別化する。

3.クチコミ収集を進めることで、フィードバックを獲得し、サービスや商品の改善に繋げる。

 

という好循環のパターンを形成し、集客力の向上を達成することです。

 

もちろん、本格的にMEOの成果を上げたいのあれば、最終的には全ての施策を実施することになるかと思いますが、 これからMEO対策を始めて、集客成果に繋げたい!とお考えの方は、上記のサイクルを効率的に形成するために、以下の順番で対策を実施することをおすすめします。

 

1.オーナー確認を行う

2.対策キーワードの設定

3.基本設定を見直す

4.クチコミ管理を行う

5.新着投稿を行う

有料級!新規集客力がUPするMEO・クチコミお役立ち資料集

まとめ

本記事では、MEOで集客成果を上げるための重要ポイントと自力で行えるMEO対策施策を紹介し、各施策を実施すべき手順を解説しました。

 

MEO対策(Googleマップ対策)は、自力で対策することで、無料で集客することも可能です。

 

しかしながら、本格的な成果を上げるためには、クチコミ返信案の作成や新着投稿のネタ集めなど、それなりの手間がかかります。

 

そのため、これらすべての施策を一気に実施することは現実的ではありません。

 

まずはオーナー確認から開始し、一つずつ丁寧に実施していくことをおすすめします。

 

MEO対策は集客に効果的ではありますが、即効性のある施策ではありません。

効果が出始めるまでは、地道にコツコツと継続していきましょう。

 

ロカオプでは、MEO対策(Googleマップ対策)をはじめとした施策を通じて、集客するためのツールです。

 

クチコミ管理やビジネスプロフィールの一括投稿など、web集客体験を劇的に改善するための機能が備わっています。

難しい作業をお任せいただける運用代行プランもご用意しておりますので、 ご興味があれば、資料請求をお願いいたします!

資料ダウンロード

ロカオプとは / ロカオプ機能について/ 料金表について

お電話でのお問い合わせ

0120-439-156
10:00〜19:00(土日祝休)

\この記事が良かったらシェアお願いします/

この記事を書いたライター

nishimura

524views

香川県在住。株式会社ロカオプに新卒入社し只今マーケティングの勉強中。趣味は一人カラオケです。

あわせて読みたい記事

TOP